D日記

モーションアーティストの技術ブログだよ。日常も書くよ。

MENU

【柴犬はなおの冒険】3話「喧嘩と仲直り」

www.deathponta.com

ある晴れた日のこと、はなおとジャッキーはいつものように一緒に遊んでいました。
しかし、最近ジャッキーははなおのある行動にイライラしていました。はなおが遊びの最中にジャッキーの股間を執拗に嗅ぐのです。

「もう、はなお!いい加減にしてくれよ!」とジャッキーが突然怒鳴りました。

はなおは驚いて止まりました。「え?どうしたの、ジャッキー?」

「どうしたのじゃないよ!君がいつも僕の股間を嗅ぐから、もう耐えられないんだ!」ジャッキーは怒りで震えていました。

「そんなつもりじゃなかったんだ、ごめんよ…」とはなおは謝りましたが、ジャッキーの怒りは収まりませんでした。

「もう君とは遊びたくない!」とジャッキーは言い残して、その場を去ってしまいました。

それから一週間、はなおとジャッキーはお互いに距離を取るようになりました。二匹はお互いを避け、寂しさと孤独を感じながら過ごしました。

ある日、ジャッキーは公園を歩いていると、道端に座っている謎の占い師に出会いました。占い師は不思議なオーラを放っていて、ジャッキーを見つめて言いました。

「お前さん、友達の危機が近づいているぞ。急いで助けに行かねばならない。」

ジャッキーは驚きました。「友達?まさか、はなおのこと?」

占い師はゆっくりと頷きました。「そうじゃ、急いで行け。」

ジャッキーは胸がざわつき、急いで走り出しました。すると、はなおがヤンキー犬たちに絡まれているのを発見しました。

「おい、やめろ!」とジャッキーは叫びながら駆け寄りました。

ヤンキー犬たちは振り返り、再びジャッキーに向かって吠えました。「またお前か!でも、今回は二匹ともやっつけてやる!」

ジャッキーはためらわずにヤンキー犬たちに飛びかかり、はなおを守りました。二匹は一緒に力を合わせてヤンキー犬たちと戦い、最後には彼らを追い払うことができました。

「ジャッキー、助けてくれてありがとう。でも、どうして…?」とはなおが息を切らしながら言いました。

「占い師が君の危機を教えてくれたんだ。はなお、僕が怒ったのは君を傷つけたかったわけじゃないんだ。ただ、イライラしていただけなんだ。ごめん。」ジャッキーは正直に謝りました。

「僕こそ、ごめんね、ジャッキー。君の気持ちに気づかなくて。本当にごめん。」とはなおも謝りました。

二匹はお互いに微笑み、再び友情を取り戻しました。今回の出来事は、二匹にとって大切な教訓となりました。友情には理解と許しが必要だということを学んだのです。

こうして、はなおとジャッキーは再び強い絆で結ばれ、新たな冒険に向けて歩み始めました。彼らの友情は、どんな困難も乗り越える力となり、周りの人々や動物たちに希望を与え続けました。
今回のプロンプト

第三話、はなおとジャッキーの喧嘩
・はなおがジャッキーが股間を執拗に嗅ぐのにイライラしたジャッキーがはなおにブチギレる。
・1週間ほど2人は距離を取る
・最終的にはなおがヤンキーに絡まれているところをジャッキーが発見し、それをきっかけに仲直りする。
・途中でなぞの占い師がジャッキーにはなおの危機を伝える。そこが肝。

www.deathponta.com