D日記

モーションアーティストの技術ブログだよ。日常も書くよ。

MENU

【柴犬はなおの冒険】4話「絶望の三角関係」

www.deathponta.com

はなおとジャッキーの冒険は続き、新たな挑戦が彼らを待ち受けていました。
ある日、二匹は近所のジメジメしている水捌けの悪い公園で散歩をしていると、美しいトイプードルの「ゆっこちゃん」と出会いました。
ゆっこちゃんの大きな目とふわふわの毛並みに、はなおとジャッキーは一目で恋に落ちました。

「こんにちは、君は誰?」とはなおが勇気を出して声をかけました。

「私はゆっこ。ここでよく遊んでいるの」とゆっこちゃんが優しく答えました。

その瞬間から、はなおとジャッキーはゆっこちゃんの心をつかもうと競い合うようになりました。

「ゆっこちゃん、僕の足の速さを見てくれ!」とはなおが元気に走り回り、素早さをアピールしました。

「いやいや、ゆっこちゃん。僕の力強さを見てくれ!」とジャッキーは力強く地面を掘り起こし、その力を見せつけました。

ゆっこちゃんは二匹の熱心さに少し戸惑いながらも楽しそうに笑っていました。ところが、そんな幸せな時間は長くは続きませんでした。突然、あのヤンキー犬たちが現れ、ゆっこちゃんを連れ去ってしまったのです。

「やめろ!」とジャッキーが叫びましたが、ヤンキー犬たちは笑いながら走り去りました。

はなおとジャッキーは必死に追いかけましたが、ヤンキー犬たちの足の速さには追いつけませんでした。二匹は途方に暮れながらも、ゆっこちゃんを取り戻すために誓いを立てました。

それから1年もの間、はなおとジャッキーはゆっこちゃんを探し回りました。あちこちの公園や道端で情報を集め、必死に彼女を見つけようとしました。そしてついに、ある日のこと、ゆっこちゃんの居場所を突き止めました。

しかし、彼らが見つけたのは驚くべき光景でした。ゆっこちゃんは立派な家の前で、金持ちのイケメン犬と幸せそうに過ごしていました。彼らはすでに結婚していたのです。

「ゆっこちゃん…」とはなおが呆然とつぶやきました。

「はなお、ジャッキー…ごめんね。でも、私は幸せなの」とゆっこちゃんが優しく言いました。

はなおとジャッキーは心の中で複雑な感情を抱えながらも、ゆっこちゃんの幸せを願うことにしました。彼らはゆっこちゃんに別れを告げ、新たな冒険に向けて歩き出しました。

「はなお、僕たちにはまだたくさんの冒険が待っているよ」とジャッキーが言いました。

「そうだね、ジャッキー。これからも一緒に頑張ろう」とはなおが微笑んで答えました。

こうして、はなおとジャッキーは再び強い絆で結ばれ、新たな冒険に向けて歩み始めました。彼らの友情は、どんな困難も乗り越える力となり、周りの人々や動物たちに希望を与え続けました。

今回のプロンプト

第四話、絶望の三角関係
・はなおとジャッキーが、トイプードルの「ゆっこちゃん」に恋をする。
・ゆっこちゃんは、いつもジメジメしている水捌けの悪い公園で出会った。
・ゆっこちゃんを取り合い2人は喧嘩
・はなおは足の速さをアピール
・ジャッキーは力強さをアピール
・途中でヤンキー犬が乱入しゆっこちゃんを連れ去ってしまう。
・1年ほどゆっこちゃんを探し回りようやく見つけるも、すでにゆっこちゃんは金持ちのイケメン犬と結婚していた。
・振られてしまったはなおとジャッキーは仲直り。