D日記

基本的には3Dソフトをに関するTipsで、Maya・3dsMax・Unityなどを扱ってる、モーションアーティストの技術ブログだよ!

MENU

【東京】元会社の先輩が東京から戻ってくれた!

先輩が東京から帰ってきました。
先輩はもともと、私のいる会社で4年位働いていたんですけど、4年前に一度会社をやめて、東京の方で働くと出ていきました。

しかし、東京で色々あって帰ってきました。
東京のいろんなゲーム会社へ出向という形で働いていたらしいので、たくさんの経験値を得て、また私のいる会社に戻ってきてくれたのです!

私は、先輩が東京に負けて帰ってきたとかそういう風には思っていません。
先輩の話を聞いていると「それは帰ったほうが良いよなぁ・・」って考える箇所がけっこうあったからです。
といっても私が聞いたのはごく一部かもしれません、ほとんど通勤時の話でした。

通勤時間が長い

毎日電車通勤で往復するのに平均3.5時間くらいかかっていたそうです。
先輩の会社は、朝11時から仕事開始らしいので、毎朝8時半頃には電車に乗っていたそうです。
通勤時間が短ければ、家で寝ている時間も多く取れます。
仕事が終わったらすぐに家に帰れるって大事ですよね。

電車の中で浮く

先輩は小柄なので、電車の中で浮いてしまうそうです。
ギュウギュウの満員電車で挟まれて、足が地から離れるってことですね。
浮くということよりも、人と密着しているストレスがやばいです。
男性ならまだしも女性ならもっと嫌でしょうね。

電車にキチOイが乗ってくる

結構な頻度で電車内に変な人が入ってくるらしいです。

姉ちゃんに向かって「俺のほうがぁっぁかわいいいぃぃぃぃ!!」 って叫んでるおじさんがいたとか・・
毎朝何かを叫びながら電車に入ってくるおじさんがいるとか・・

そういう光景を電車内で見るたびに、先輩は嫌な気持ちになったようです。
確かに、朝・夜 でそんなのに遭遇する頻度が高いと、精神的にうんざりしますよね。

パーソナルスペースに人がいる

久々にパーソナルスペース(以下PS)という言葉を聞きましたw
東京の通勤時は人がギュウギュウなので、PSにどうしても人が入ってきてしまうんですね。
そして厄介なので、自身が意識的にストレスと感じていないこと。
無意識のストレスが非常に厄介で、いつの間にかストレスを溜め込んでいたらしいです。

帰る時間が遅い

これは東京のせいではありませんが、先輩が働いていた東京の会社は毎日21:00くらいまで働くのが常態化していたようです。
その時間から電車で帰宅なので、帰り着くのは23:00頃でしょうか。
これだと、プライベートな時間で勉強やゲームをすることもできません。

毎日外食

これは聞いて驚いたのですが、朝昼晩全て外食だったそうです。
1日の食費は約2000円。
朝:コンビニでパンなど
昼:外食
夜:外食
これでは給料が高くても支出が多くなってしまいますね。健康にもあまり良くありません。

こちらに戻ってからは、遅くても18:30には上がれるので、ちゃんと自炊をするようになったようです。
もともと料理好きの先輩だったので本当に良かったです。

東京のほうが給料が良いが、総合的に考えると地方が良い

上記は一部ではありますが、先輩はこういう結論に至り帰ってきたようです。

給料は東京のほうが良かったらしいですが、通勤に関しては徒歩で会社に行ける今の状況に非常に満足しているとのことです。
電車通勤をやめてから偏頭痛も収まったようで本当に良かったです。